青色申告と相談

青色申告と税理士への相談について

所得税法は、所得を得た個人を対象として課税を行うものです。したがって先の報道でも有名になったように税法上は、競馬において馬券が的中にしたことによる払戻金も所得税の課税の対象となっています。所得税法の課税は、ずべての所得を課税の対象とする一方で課税しないものについては、限定列挙という形で条文に記載されています。たとえば競馬の払戻金と似ていますが、所得税法上非課税となっているもののひとつとして宝くじの当せん金があります。この宝くじの当せん金は、所得税法9条を根拠として、税金が課税されないとされています。

所得税法において、納税義務者に対して与えられている制度として青色申告という方法があります。青色申告は、事業所得ないしは不動産所得に認められている制度です。青色申告という制度は、税務署に対して申請書を提出することと簿記のル-ルに基づいて記帳された帳簿を備えておくことなどの要件を満たすことで利用することができる制度であり、その特典として納税者に有利な制度があります。その特典のひとつとして、青色申告特別控除があります。これは650,000円ないしは100,000円を利益から控除することができるというものです。

事業主自らが帳簿などを記帳し、備えるということは可能ではありますが、本業との手間のバランスなどを考えると、税理士などの専門家を利用する人も多くいます。個人事業を行っている場合は、税理士へ相談することでこれらの制度を利用することができます。また税理士への相談は、申告書の作成だけなく、このような特例などの制度を利用を相談することでより節税につながる面があります。なぜなら所得税法は、土地取引の際などは特に多くありますがさまざまな特例が設けられており、これらの制度要件を満たすのであれば、税額は圧縮されるからです。

まず身近なものとして、個人事業を行っている際には、税理士に青色申告の相談をすることが節税につながることになります。税理士は、税に関する専門家であり、所得税法に基づいた申告書を作成している以上その税法に少なくとも素人の事業者に比べ、精通しているといえます。その専門家である税理士に相談をもちかけることにより、事業主が気がつかない特例を使うことができるケ-スなどもあるため、早合点で事業主で判断するのではなく、専門家である税理士に相談することが税額を節約することにつながることになります。そうすることでなく、青色申告以外のさまざまな特典を利用することができます。

最新記事

  • 税理士への相談とその将来性について 開業率が下がっています。開業率とは、いままで勤務していた企業を辞めて新たに …

    相談とその将来性