狭小の土地

厚木市の一戸建てと狭小の土地について

厚木市は東京都に隣接する神奈川県の都市の一つです。

多摩川沿いにあるのが多摩区、高津区、中原区、厚木区などの行政区であり、これらの行政区は多摩川沿いに作られた緑地公園などもあり、生活環境の中に自然が多く在ることからも人気が高いエリアになっています。

また、厚木市は交通の利便性が高いエリアでもあり、多数路線を利用する事で通勤や通学などに便利な事からも住宅地に一戸建てを物件を持ちたいと言う人も多いのです。

一戸建て物件は、土地と建物がセットになり販売が行われている分譲住宅や建売住宅と言った新築物件や中古物件が在ります。

また、土地を所有している場合であれば注文住宅で家づくりが可能になりますし、土地を購入する事で自由な間取りの家づくりが出来るなどのメリットもあるのです。

最近は、狭小の土地に家を建築する人や、狭小の土地に建築された分譲一戸建てや建売住宅も多くなっています。

狭小の土地となりますので、建坪や建蔽率、容積率と言った事に注意をしなければなりませんが、隣家が隣接しているような小さな土地でも、地目が宅地となっている場合であれば、家づくりが可能になるのです。

土地自体が狭くなりますので、建坪としては敷地面積いっぱいに建築物を作ることになり、制限が設けられていない地域であれば3階建ての住宅を作ることも出来るのです。

3階建て住宅の多くは、1階部分に駐車場や浴室などスペースを作り、2階や3階などにリビングルームやキッチン、そして寝室と言った空間を作るケースが多くあります。

一戸建て物件の中でもリビングルームと言うのはそこに住む人々が集まる場所であり、日当たりなどを考慮する事からも、2階や3階と言った部分にリビングルームを設けるケースが多くあるのです。

狭小の土地でも長方形や正方形になっている土地であれば家を作るのに適した土地となりますが、土地の形状によっては家を作り難いケースも有ります。
そのため、土地を購入して3階建て住宅を注文住宅で建築する場合などでは土地の選び方が必要になってくるのです。
また、3階建ての住宅は地域により建築できない場合もあります。
これは用途地域などによるものや、地域により高さ制限や北側斜線と言った制限があり、高い建築物が作れない場合も有るので事前に土地についての制限などの調査は必要となります。
但し、建売住宅や分譲住宅として一戸建てを購入する場合は、販売を行う会社などがこれらの調査を行った上で建築をしているので安心して購入する事が出来るのです。”